お金の事 秋田・寒さ対策 買ってよかったもの

電気毛布は電気代・ガス代高騰の救世主になるかもしれない【安くて幸せ】

執筆していたらもう11月。

俺の住む秋田県では朝起きるともう車のフロントガラスは凍っている日がある。このままワイパーを動かしたら運が悪ければ一撃です。

会社内では「いやー昨日は流石にストーブ付けたよー」なんて会話で盛り上がるのもまた一興です。

ストーブもエアコンも付ければ暖かい。でも、どんなに省エネ家電が出ても今のご時世、燃料の高騰によるランニングコストの上昇は気になります。

そんな電気代もガス代もピンチな冬に「電気毛布」が助け舟になるポテンシャルを感じたので是非紹介させてください。

戸田

トダです。ツイッターやっています。サイト更新情報と秋田の写真・ネタを掲載しています。フォローお願いします。

電気毛布は一人だけが一ヶ所で安く暖かくなれる

この観点からあまりファミリー向けのアイテムではないイメージ。もちろん中に家族内に寒がりの人がいたら使った方がいいんだけど、

あまり部屋の一か所から動かない一人暮らしや二人暮らしのライフスタイルの人が使用する分には超オススメ。もちろんオフィスでの使用もいい。

いわば『電源を必要とする温かい毛布』なので場所を固定して使うのがメインとなります。

電気毛布が向いている人

こんな人は電気毛布を使うと幸せになれるかもしれません。

というか俺は幸せになった。ありがたい事に生活必需品がまた増えてしまった。

  • 暖房費用を少しでも抑えたい
  • インドア体質で家に居る時間が圧倒的に長い
  • 基本的にPCデスク・ソファー・オフトンから動かない
  • エアコンの乾燥が気になる
  • 灯油を買いに行くのがめんどくさい
  • オフィス勤めで寒がり
  • 家が古くて気密性が悪く暖房の効きが悪い
  • 冷え性

割と幸せになれる人は多いと思う。今までおばあちゃんが使うアイテムだと思ってたけど、これは違う。

お部屋籠りでの生活コスト高騰と戦う最強の暖房器具だという事に気付いてしまった。

電気毛布が向いていない人

基本的には向いてる人の反対になるんだけど、用途が合わないとマジでただのゴミ布になるので要注意。

  • 食事エリア・休憩スペース・勉強エリア・PCエリアなど場所を分けて生活している
  • 家は寝る場所の様な生活をしている
  • お金はかかってもいいからとにかく温かくしたい

こういった人は買ってもしょうがない。

電源コードが付いて回るので一ヶ所にとどまる時間が長くないと不向き。

電気毛布はあくまでも部分的に温める節約アイテムでしかないので、「金額よりもとにかく寒い」という人は暖房器具の温度を上げて気密性を上げればいいだけ。


電気毛布を使って感じたメリット

電気毛布を使用するメリットと言えば「ランニングコストの低さ」これが最強クラス。

今から電気毛布を購入しようとしている人の大半が「上がり続ける電気代への恐怖」からだと思うんだけど、電気毛布は最適解かもしれない。

圧倒的な電気代の安さ

これは擦りに擦られまくっているのでもはや説明不要な話だと思うんだけど、

電気毛布の電力を55Wとして一日8時間×30日使用しても一ヶ月の電気代は約290円となる【1kwh=22円で計算】

参考にエアコン1機を一日8時間稼働した電気代を計算してみます(※あくまでも目安)

エアコンサイズ消費電力月の電気代の目安
6畳用450W約2,376円
8畳用510W約2,692円
10畳用660W約3,484 円
12畳用825W約4,356円
https://www.denkikeisan.com/さんにて計算

このまま順調に値上がっていくことでモチロンこの金額以上になる事が考えられます。

この他にもPC・冷蔵庫・洗濯機・テレビ・ドライヤー・電子レンジ......と電気代はしっかりかかります。

別に部屋全体があったまらなくても「俺だけある程度暖かければいいや~」って人にはかなりいい暖房器具です。

想像していたよりも温かくなってくれる

正直言うと電気毛布の性能を舐め過ぎていた所もある。

出力も弱いし毛布全体というより電熱線の所だけ温かいんだろ~?なんて疑心暗鬼で購入した所、中々に素晴らしい商品だった為すぐにもう一つ追加購入。

今俺は自室で電気毛布を膝に掛けてこのブログを書いている。ヨッメは布団に敷いてずっとドラクエしている。エアコン・ストーブは一切使っていない。

ちなみに外れを引くと電熱線が小さい面積しか入ってないという場合があるけど、

俺が購入したKOUDENの電気ひざかけ毛布だと割と端の方まで温まるのでこの価格では完全に当たり。


温まり方はとにかく優しめ。じわっと温まるので体を効率的に温めるというより『冷えを防止する』といった感覚の方が正しい。

腰に巻けばぬるま湯での半身浴の様な感覚になれて幸せ。温度は上がりすぎずアチアチでは無いので事故が起きる確率は低い。

ちなみに芯から温まるというより体の表面だけが温まるという感じなので寒くて震えてる人は大人しくお風呂に入ってくれ。

余談になるけどお金に余裕がある人はパナソニック製の電気毛布・電気ひざかけを選べば絶対に失敗しない事が約束されている。


AC電源モデルが正義。ポータブルは出力が弱い

持ち運びタイプだと出力が弱すぎて温度が全然上がらないので技術的にまだ購入するべきでは無いと思った。

というのも朝方【外気温5度とか】は【強』もしくは日中は『中』で運用してるんだけど、これで「ちょうどいい」と感じてるのでこれよりパワーが弱かったら使い物にならなかった。

またポータブルタイプだと電熱線の数も全然足りないので、温まる範囲も狭いとの事。エアコン・ストーブと一緒に運用するんだったらどんなのでもいいんだけど、電気節約・倹約がメインなら断然コンセント電源が正解。

というかモバイルバッテリの重さで膝に掛けてもどちらかに寄ってしまうというコメントがあるけどコレは良くない。

電気毛布は睡眠時には絶対使わない方がいい

電気毛布で布団を温めておいて「あ~幸せ~」という入眠の使い方はいいと思うんだけど、

電気毛布をつけっぱなしで寝るとマジでやばい。睡眠の質がブチ壊れて俺は本当に体調が悪くなった。本当にひどかった。

  • 寝ても寝ても疲れが取れない
  • 朝まったく起きれなくなる
  • 日中常に眠い、気持ち悪い
  • 体が常に寒くなる、自力で温まらない
  • 病人みたいになる

書いていて「これヤバくないか?」というレベルで体調不良を引き起こした。

しかも連続して3日間この症状が出て睡眠時に電気毛布を使う事を辞めたらピタリと症状は止まって元通りの健康体になった。

睡眠時の電気毛布マジでやばい。タイマー付きとかもあるみたいだけど、これも原則辞めた方がいいと思ってる。

というのも人間は寝る前に体温が下がって、寝ている最中は最も体の温度が下がるそうだ。寝る前に手足がポカポカしてるのは体の深部の熱を逃がしているわけだ。

暑くて寝返りしたり布団をぶっ飛ばしたり、寝汗をかいたりして体が自動的に調整してくれる機能を外部から強制的に温め続ける事で上手く体温が下がらず睡眠の質がブチ壊れる。

睡眠時は必ず電源オフ。つけっぱなし絶対ダメ。

使い方を守ればいい商品。一工夫でさらに快適。

睡眠時に使うと危険なだけで、日用使いのアイテムとしてはめちゃくちゃいい。ダメ人間加速要素まである。

これから秋田県のクソ寒い冬を迎えるにあたって頼りになる相棒になりそう。極寒時が楽しみです。

そしてこの電気毛布と共に過ごすにあたってちょっとした工作を施してあげると更に快適性を上げる事が出来る。

コントローラーにウレタンを貼って消音・延命

これは電気毛布の定めではあるんだけど、常にコントローラーと一緒に生活しなければならない。

使用しているとフローリングとコントローラーが床に擦れる音やちょっと浮いてまた床にぶつかる音は深夜だと割と響いてしまう。

そこでコントローラーにウレタンクッションを貼る事で消音する事ができる。

張り方は正直適当でいいんだけど、とにかく本体が床に直接ぶつからないようにすればいいだけ。

俺はこんな感じで貼っている。超適当だけど、引きずり音も落下音もほぼ無くなった。

そして毛布には電熱線が走っているだけで、コントローラー部分に基盤があるので振動が緩和されて寿命が延びる事は間違いない.....はず!

アルミシート併用で保温力にブーストをかけたらやばすぎた

試しに100均で買った【※300円の奴】アルミシートを同じぐらいのサイズにカットして付けた所、

暖かすぎて無敵。普通に熱い。というか『強』モードで1時間も使用すると低温やけどするんじゃないか?て程にアチアチでした。やばい。

見た目のダサさは常軌を逸脱しているが、パワー調整を『弱』にしてもアルミシートを使わない『強』と同じもしくはそれ以上の威力を感じたので


こういった本格的なアルミシートと併用するととんでもない威力になるのが容易に想像できる。

これはやりすぎとマジで低温やけどする可能性があるので十分に気を付けてほしい。

正直持ってるジャンパーとか保温力のあるウェアを電気毛布の上に被せてあげるだけでも効果はある。

謎メーカーの激安電気毛布とかポータブル電気毛布のイマイチな商品を買ってしまった際にドーピングとして使うといいと思うが、十分に注意してほしい。


NANGAオーロラダウンの最強性能で寒い雪国の冬を乗り切る

続きを見る

湯たんぽがあまりにも良すぎる。マジで湯たんぽ最高。極楽浄土。

続きを見る

今年もハクキンカイロの季節がきた。暖かさは最強の火傷級。

続きを見る

おすすめ記事

お得情報 お金の事

2022/5/11

秋田県プレミアム飲食券2022年版を使っていない?損していますよ!!

こんばんはトダです。ごはん美味しいです。 タバコ辞めてからもう食の扉は開きっぱなしです。お金が浮いてるはず食に消えているようです。しかし幸福度に直結しているので良いとします! というわけで2022年4月中旬から発行された秋田県プレミアム飲食券。皆さんは利用しているでしょうか? 5月9日時点で秋田県内2190店舗が加盟しています。ほぼ使えると言っても過言じゃないっすね。【何故かラーメン屋は除く】 これ、ただただ消費者の我々が得するだけの制度なのですぐに使ってください。特に『電子版』がいいです。紙はダルイ。 ...

続きを読む

買ってよかったもの

2022/3/29

アークテリクス・マンティス2が最強。リアル四次元ポケットでした。

今回は最近ちょっとだけ入手が難しくなってきるアークテリクスのマンティス2のお話です。これほんと使えます。 スマホ・お財布・ティッシュ・モバブ・キー類を入れてフラッとお出かけするのにジャストサイズなボディバッグです。 ズボンのポケットにスマホと財布を入れてパツパツになりながらキーケースを付けてだらしなくカチャカチャ音が鳴っていた悩みがこのバッグ一つで全て吹き飛びました。 マンティス2の基本情報 商品名 Mantis 2 Waistpack (マンティス 2 ウエストパック) 参考価格 5,500円(税込) ...

続きを読む

秋田グルメ

2022/3/18

【2022年】秋田ラーメンランキング1位~100位結果【ラーメン総選挙】

秋田県ラーメン総選挙の結果まとめです! ランキングの順位は正直そんなに信憑性が高いとは言えないしなんなら集計方法もカスだと思ってるけれども、「秋田県のラーメン屋を網羅的に知る」という意味では面白い番組です。毎年楽しませてもらっています。 もちろんこのランキングに入っていなくてもクッソ美味いラーメン屋はアホ程あるけど、今回はこの番組のまとめって事でよろしくオネシャス。 「あ~やっぱこのラーメン屋入ったか!」「なんでこのラーメン屋じゃないんだ」とか色んな意見が飛び交うのがまた面白い所。ちなみに俺の中ではラゥメ ...

続きを読む

買ってよかったもの

2022/4/2

Nice Niteの耳栓が睡眠に超オススメ。モルデックス超えたかも....

こんばんは!皆さんしっかり寝れていますか?!俺は毎日ぐっすり寝れています!これは耳栓のおかげなんです。 10年以上ずっと浮気せず一途に「モルデックスメテオ」を使ってきました。こいつは最高です。工場でも爆音ライン配属の日は愛用してます。 リンク もちろん不満は無かったんですが、家の寝室を変えたのでちょっと気分を変えて別の耳栓も試してみたくなってしまいました。そこで以前からジワジワと良いレビュー増えてるナイスナイトの耳栓を購入してみたところ、 とんでもない遮音性でびっくり。というか耳から抜くとき鼓膜が引っ張ら ...

続きを読む

失敗談 生活改善

2021/8/13

激安ゲーミングチェアGTRACINGを1年半ぐらい使った感想

最近巷では『ゲーミング』という名称が付いた商品が出過ぎている。巣ごもり需要増だろうか。 ゲーミングパソコンをはじめとした、ゲーミングチェア、ゲーミングキーボード、ゲーミングマウス、ゲーミングスマホ、ゲーミング毛布そしてゲーミングトイレまで出る始末である。 この『ゲーミング』の定義はゲームに向いている、ゲームに集中できる、ゲームの腕を向上させるみたいなイメージがある。といっても「オフィスワークにもぴったり!」とか書いてあるので何が『ゲーミング』なのかもうさっぱりわからないンゴ。 なんだか見た目がサイバーチッ ...

続きを読む

秋田グルメ

2021/8/23

秋田で噂のクソ不味いらしい『持ち帰り餃子専門店』レポート

突如として2020年12月に1号店、2021年5月に秋田2号店として爆誕した持ち帰り餃子専門店『満風゜』 2号店が出来たって事は追い風営業なのかと思って気になっていたんだけど..... googleのレビューがボロカスに書かれてて面白い。ここまで低い点数を叩き出すと逆に気になってしまうのが性というもの。 というわけで皆大好きドンキの帰りに寄って購入してきました。 まず結論から言うと焼き方をミスらなければそこまでヒドイものは出来上がらないし、普通にウマイと思った。 でもすごく美味しいかっていったらそりゃイー ...

続きを読む

生活改善 買ってよかったもの

2021/7/23

この夏車内で使いたいスタンレーのストロー付タンブラー

暑い。暑すぎる。いったいどうなってんだ、ここは雪国で夏は避暑地じゃないのか。 車社会の田舎では1時間停車しとけばハンドルは熱くて触れないし、ダッシュボードに粘着テープで使ってる人は粘着素材がとろけるチーズだ。 水分補給をしようにもペットボトル飲料は一瞬でお湯になるので真空タンブラーへの移し替えはこの現代ではもはや必須条件。 そこで重要になってくるのが、飲み口へのアクセスの良さである。 水漏れが一切しないスクリューキャップモデルははフタを回すのが面倒だしキャップ側に付いた水滴が垂れて衣類や車内が汚れる。 そ ...

続きを読む